まるごと宮崎エクスプレス

「笑福舎」ひょっとこ面はただいま注文が込み合っており、受注をストップさせていただいております。
現在のところ平成27年8月中旬以降に受注再開の見通しです。




お急ぎの方は河内屋ひょっとこ面をどうぞ。

CLICK

ひょっとこ 関連検索
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
  

「日向ひょっとこ夏祭り」とは



「ひょっとこ夏まつり」(公式HP)はこちら>>

この踊りは、江戸末期から明治の初期にかけて、日向市大字塩見永田地区に眼科医として開業していた橘公行医師によって伝授されたと言われていますが、橘医師が数百年前から伝わっていた村々の神楽にヒントを得て現在の踊りにしたという説や、橘医師が学校在学中に古都の神楽を伝えたという説などがあり、いつの頃から踊られていたかはっきりしたことはわかりません。昔は、初午の日に踊られていたそうですが、現在は豊作を祝う踊りとしてまた、商売繁盛の踊りとして日向市を代表する踊りになっています。特に、数年前から始まった「日向ひょっとこ夏祭り」では大勢の人が踊りに参加し、笑いをふりまいています。

ひょっとこ踊り伝説 [日向市]



昔(江戸時代の初め)、日向市塩見の永田村に、佐太郎というきこりのおじいさんが住んでいました。ある日、おじいさんが仙塔庵という山で作業していたところ木材が倒れて谷間に落ちてしまいました。運の悪いことに、ねぐら・ナ昼寝をしていた白狐にその木材があたり、狐は大怪我をしてしまいました。狐は「キャンキャン」と鳴きながら谷の方へ逃げて行ったそうです。佐太郎じいさんは、谷の中に消えていった狐の姿がかわいそうでたまりません。
 おじいさんは、仕事を中止して家に帰りおばあさんにこの事を話しました。「じいさま、お前さんが悪いのじゃないよ。そんなに悩んでも仕方ないよ。」とおばあさんは優しく慰めてくれました。

 それから数日後、この村に異変が起こり始めました。田・畑は不作が続き、永田村の家々では連日のように不幸不運が度重なってきたのです。そこでおじいさんは、おばあさんと相談して近くの神社に神詣でに行き、神主に過日の出来事を詳しく話して、神様のお告げを受けることにしました。

 神様は、白狐にどうすればよいかをたずねたうえで、社祠を造り稲荷神社として祀ってあげました。

 しばらくすると、次第に村が繁盛し始め、村の衆の明るい笑顔があふれて来ました。そんなある日、今度は私が返礼をしますから願い事があれば何でも祈願して下さいというお告げを受けました。そこで、永田村の子宝に恵まれない評助とオカメという夫婦が子供が授かるように願掛けにいきました。

 その時、空腹の神主がお供え物の赤飯に手をつけたのに怒った稲荷・蝟セ神が狐に化けて姿をあらわしたのです。神主と評助夫婦はびっくり仰天しました。ところが、怒って出た稲荷様がオカメの美しさにひかれ、連れ去ろうとしました。

 その素振りがとてもひょうきんで愛嬌があり面白いので、江戸時代の初期から永田稲荷神社の神楽として踊られてきたという伝説が残されています。特に赤の着物は、昔から繁栄と活力をつける力色(りきしょく)と言われているそうです。
(広報ひゅうが−郷土の歴史より)

 


※フォトギャラリーに未公開写真多数掲載しました。


まるごと宮崎には九州宮崎県のいろんなおススメ品を取り揃えております。TOPページへはこちらをクリック