まるごと宮崎エクスプレス

青島せんべい
価格:525円(12枚入1箱)数量:
価格:1050円(24枚入1箱)数量:
神話の里・宮崎に伝わる、海幸彦と山幸彦の伝説をご存知でしょうか。天孫・邇邇芸命(ニニギノミコト)と木花咲耶姫の間に生まれた息子が海幸彦、山幸彦です。

ある日、兄の海幸彦に無理を言って借りた釣り針を、弟の山幸彦は海で無くしてしまいます。自分の剣を溶かし、千本の釣り針を作って許しを請いましたが、怒った海幸彦は弟を許しません。困り果て、釣り針を探して海に入った山幸彦は、竜宮城で海の神様の娘である豊玉姫と出会い、結ばれます。

やがて、失くした釣り針と海の神から貰った宝玉を持って陸へ帰った山幸彦は、攻め込んできた兄を宝玉の力によって降伏させ、陸の支配者になりました。その山幸彦が海から帰って上陸した場所が、青島だといわれています。

さてこの青島。現在では宮崎に旅行に来られて、ここに足をのばさない方は少ないのではないかと思われるほど有名な観光地になっています。過去には新婚旅行ブーム、現在は巨人軍のキャンプ地としても知られていますね。

実際に青島を訪れたことが無くても、TVやポスターなどで風景を目にしたことがある方は多いのでは。その青島に打ち寄せる波をクリームに、周囲を囲む波状岩(通称・鬼の洗濯岩)を薄焼きせんべいに表したお菓子が「青島せんべい」。

どこか懐かしい薄焼きせんべいと新鮮なクリームの取り合わせ。青い海と白い砂浜はもちろん、南国情緒たっぷりのビロウ樹の木陰や、遠く神話の時代までイメージできるかもしれません。

宮崎土産といえばこれ!と言うくらい有名なお菓子です。一枚一枚丁寧に焼き上げられた薄焼きせんべいに、クリームがサンドされています。こだわりの新鮮クリームはホワイトとナッツの2種類で、どこか懐かしい優しい味です。

一袋2枚入りで、お得感も充分。
昭和40年代から親しまれている、宮崎を代表する銘菓です。

箱サイズ 28×13×4cm
入り数 12枚 ホワイトクリーム(2枚入×6袋) ナッツクリーム(2枚入×6袋)
原材料名 小麦粉、砂糖、餅粉、卵、マーガリン、ショートニング、ピーナツバター、ブドウ糖、全粉乳、乳化剤(大豆由来)、ベーキングパウダー、洋酒、香料

まるごと宮崎トップページ